服薬指導・患者指導ツール(薬剤師向け)

イラスト

高血圧のリスクやお薬について解説しています。服薬指導の際、ご活用ください。高血圧治療とお薬についてイラストを患者さんにご覧いただきながら服薬指導いただけます。

資材オーダーフォームはこちら

循環器病を防ぐ!高血圧治療とお薬について

循環器病を防ぐ!高血圧治療とお薬について 循環器病を防ぐ!高血圧治療とお薬について

PDFを見る

各見出し帯をクリックいただくと、それぞれの説明が表示されます。


1.高血圧のリスク

至適血圧(診察室血圧120/80mmHg)を超えて血圧が高くなるほど、重大な疾患にかかりやすくなり、死亡の危険性も高まります。
血圧値(診察室血圧/家庭血圧)と心血管病との関連性について示しています。

2.高血圧が原因となる疾患

高血圧は、脳卒中や心筋梗塞、慢性腎臓病などの心血管病の原因になります。
脳卒中、心筋梗塞、慢性腎臓病について説明しています。

3.高血圧が動脈硬化の原因に

高血圧の状態が続くと血管に負担がかかり、動脈硬化がすすみます。
動脈硬化との関係と動脈硬化の経時的変化を模式図で解説しています。

4.動脈硬化が起きた血管の状態

動脈硬化が起きた血管では、狭く硬くなったり、血管が破れやすくなります。
血管の硬化、塞栓、破綻を解説しています。

5.高血圧と糖尿病・脂質異常症

高血圧は、糖尿病や脂質異常症と合併しやすく、動脈硬化を加速し心血管病(脳卒中、心疾患)の危険性をさらに高めます。
糖尿病や脂質異常症が動脈硬化を進行し、さらにリスクを高めることを解説しています。

6.高血圧と脳卒中

高血圧は脳卒中(脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、くも膜下出血)を引き起こす大きな要因です。
脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血、くも膜下出血について説明しています。

7.高血圧と狭心症・心筋梗塞

高血圧は冠動脈の動脈硬化をすすめ、狭心症や心筋梗塞を引き起こす要因になります。
狭心症や心筋梗塞について説明しています。

8.血圧値の目標

降圧薬を正しく服用することで血圧を下げられ、生涯にわたり適切に血圧を管理できます。
血圧値の目標を一覧で示しています。

9.降圧薬の種類

効果的に血圧を下げるために、種類の違う降圧薬が組み合わされて処方されることがあります。
第一選択となる降圧薬について作用と多剤併用について解説しています。

10.降圧維持について

24時間にわたって安定した降圧を維持することが大切です。起床時は血圧が高くなりやすく、お薬の種類や飲み方で血圧を調節できます。
一日の血圧変動の概念図を用いて解説しています。

11.アダラート®CR錠の構造

アダラート®CR錠は、長時間にわたり降圧作用を持続するため有効成分を2層構造にした徐放性のカルシウム拮抗薬です。
2層構造と徐放システムをイラストでわかりやすく解説しています。

12.アダラート®CR錠の服用方法

アダラート®CR錠の効果をきちんと得るために、決められた時間に正しく服用しましょう。
服用の際の注意点を示しました。


日常生活での血圧コントロール編

日常生活での血圧コントロール編 日常生活での血圧コントロール編

PDFを見る

各見出し帯をクリックいただくと、それぞれの説明が表示されます。


1.高血圧の種類

高血圧の治療は、診察室とご家庭での血圧値にもとづいて行われます。
高血圧の基準値と治療の必要性の有無について示しています。

2.かくれた高血圧[仮面高血圧]は危険です

診察室で血圧値が正常でも、ご家庭での測定で血圧が大きく上がるのは危険のサインです。
仮面高血圧の危険と、仮面高血圧になりやすいタイプについて解説しています。

3.季節における血圧の変動

外気と室内の温度差がある冬や夏は、血圧が変動しやすいので気をつけましょう。
血圧の異常変動が起こる理由と、血圧の異常変動を起こさないための対策について示しています。

4.日常生活における血圧の変動

日常生活において、血圧が変動しやすい場合がありますので気をつけましょう。
1日の中で血圧が異常変動しやすい場面を取りあげ、その対策について示しています。

5.ストレスによる血圧の変動

怒ったりイライラするなどのストレスで、血圧が上昇します。気持ちを切り替え、一気に興奮しないように心がけましょう。
血圧の異常変動にかかわる神経のバランスについて説明しています。

6.血圧測定は朝と夜の1日2回

朝と夜の1日2回、血圧測定を行いましょう。血圧の変化に早めに気がつくように、継続して測定することが大切です。
正しい血圧測定のやり方について解説しています。

7.早朝高血圧と心血管病

就寝時に比べて朝の血圧が高い状態は脳卒中(のうそっちゅう)、心筋梗塞(しんきんこうそく)、慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう)などにかかる危険が高くなります。
睡眠中から起床にかけての血圧値の推移や、起床時の高い血圧と心血管病の危険について解説しています。

8.血圧の一時的な急上昇(血圧サージ)が危険な方

血圧が一時的に急上昇する血圧サージにより、心血管病を発症する危険が高い人がいます。
血管が硬くなっているひと、心血管病の既往があるひとなど、血圧サージによる危険が高いひとについて説明しています。

9.生活習慣の改善

生活習慣の改善は、降圧薬の効果を高めるため、降圧薬による治療中も、継続して行うことが大切です。
減塩、食事、運動、減量、節酒、禁煙について、例をあげて説明しています。

10.65歳以上の方の血圧値の目標

65歳以上の方の血圧値の目標は年齢やからだの状態、合併症の有無により異なります。
高齢者の降圧目標値について示しています。

11.65歳以上の方の高血圧治療における注意点

65歳以上の高血圧治療は、無理なくゆっくりと進めていきましょう。
高齢者の降圧治療において気をつける点について示しています。

12.血圧異常変動を考慮した降圧薬治療

早朝高血圧などの血圧の異常変動を安定させるため適した降圧薬が処方されます。
血圧異常変動の原因や高血圧のタイプに対応した降圧薬について示しています。

13.長時間作用が持続するカルシウム拮抗薬(きっこうやく)

1日1回の服用で血圧を下げる作用を長時間保つためにお薬が徐々に溶ける工夫がされています(徐放製剤)。徐放システムと体内での溶け方について、2層構造のイラストを用いてわかりやすく解説しています。

14.アダラート®CR錠の服用時の注意点

アダラート®CR錠の効果をきちんと得るために、正しく服用しましょう。
アダラート®CR錠の添付文書にもとづき服用時の注意点を示しています。

15.アダラート®CR錠 副作用について

アダラート®CR錠を服用して、体調がおかしいと感じたら、すぐに医師や薬剤師、看護師に相談して下さい。
アダラート®CR錠の主な副作用について示しています。

16.アダラート®CR錠 グレープフルーツジュースとの相互作用

グレープフルーツジュースと一緒にアダラート®CR錠を服用すると血圧が下がりすぎる場合がありますので、気をつけましょう。
アダラート®CR錠と併用注意となっているグレープフルーツジュースについての注意点を詳しく解説しています。

薬の工場見学360°動画(アダラートCR錠)

薬の工場見学360°動画(アダラートCR錠)

アダラート®CR錠の製造プロセスを360°動画でご紹介しています。
くすりの里・甲賀の美しい自然環境に囲まれたバイエル薬品滋賀工場。
その知られざる内部を、360°動画でぜひご覧ください。

医師が語る高血圧・狭心症の薬アダラートCRの新たな可能性 Meet the Expert

医師が語る高血圧・狭心症の薬アダラートCRの新たな可能性
Meet the Expert

高血圧、狭心症に対するアダラートCRの新たな可能性についてエキスパートの先生方にご解説いただいております。