糖尿病罹患率および予備軍の推定値は年々上昇している

厚労省調査における糖尿病罹患率の推移

厚労省調査における糖尿病罹患率の推移

厚労省調査「糖尿病ネットワーク」より作図

  • image
  • image
  • image
  • image

糖尿病患者は年々増加の一途を辿っており、こちらの図でお示しするように、検査値からみて「糖尿病が強く疑われる人」や糖尿病予備軍である「糖尿病の可能性が否定できない人」の割合は、1997年から純増をしています。

厚労省の調査の直近の値では、約2210万人が糖尿病若しくは糖尿病の予備軍として位置づけられています。

(HbA1c値(NGSP値):6.5%以上の場合、糖尿病型と判定し、糖尿病が強く疑われます)