治療編 (テキスト解説)

32.ARB(一覧)2

ARB(一覧)2

ARBは利尿薬やCa拮抗薬と併用される場合が多いことから、服薬アドヒアランスの向上を目的として、配合剤が発売されています。

配合剤は用量が固定されており、初期投与では過度降圧のおそれがあるため、まずは単剤あるいは2剤併用から開始し、用量を固定したうえで配合剤へ切り替えるよう高血圧治療ガイドライン2014で推奨されています。また、配合剤は保険適応上、第一選択薬とはなっていません。


治療編 テキスト解説一覧

薬の工場見学360°動画(アダラートCR錠)

薬の工場見学360°動画(アダラートCR錠)

アダラート®CR錠の製造プロセスを360°動画でご紹介しています。
くすりの里・甲賀の美しい自然環境に囲まれたバイエル薬品滋賀工場。
その知られざる内部を、360°動画でぜひご覧ください。

医師が語る高血圧・狭心症の薬アダラートCRの新たな可能性 Meet the Expert

医師が語る高血圧・狭心症の薬アダラートCRの新たな可能性
Meet the Expert

高血圧、狭心症に対するアダラートCRの新たな可能性についてエキスパートの先生方にご解説いただいております。

  • 追加バナー1
  • 高血圧治療ガイドライン2014 改訂のポイント
  • 薬剤師の先生向け情報サイト
  • 冠攣縮性狭心症 ガイドライン(2013年改訂版)のポイント