治療編 (クイズに挑戦)

29. ARB・ACE阻害薬(特徴)

テキスト解説の内容を理解できているかどうかチェックしてみましょう。
図中または文中に出てくる空欄に当てはまる言葉や数字を考え、メモしてください。

ちょっと難しい質問もありますが、正解とあわせてワンポイント解説もありますので、是非チャレンジしてみてください。

正解

ARB・ACE阻害薬(特徴)

  1. (1)Ca拮抗薬
  2. (2)利尿薬
  3. (3)腎臓
  4. (4)糖尿

ワンポイントメモ
  • 日本高血圧学会のガイドライン(JSH2014)において、ARB・ACE阻害薬の併用療法としてはCa拮抗薬、利尿薬との併用が推奨されています。
  • ARBとACE阻害薬の併用は、腎障害、高K血症、低血圧のリスクが増大することが明らかとなり、2014年6月に併用注意となりました。
  • ARB・ACE阻害薬は妊婦が使用すると、羊水過少など妊婦への悪影響とともに、胎児の先天異常や重度の腎不全をきたす恐れがあります。妊娠の可能性があるときや妊娠中には使用できません。2014年9月にPMDAより、ARB・ACE阻害薬の妊婦への投与について注意喚起が行われています。

閉じる

治療編 クイズに挑戦する一覧

薬の工場見学360°動画(アダラートCR錠)

薬の工場見学360°動画(アダラートCR錠)

アダラート®CR錠の製造プロセスを360°動画でご紹介しています。
くすりの里・甲賀の美しい自然環境に囲まれたバイエル薬品滋賀工場。
その知られざる内部を、360°動画でぜひご覧ください。

医師が語る高血圧・狭心症の薬アダラートCRの新たな可能性 Meet the Expert

医師が語る高血圧・狭心症の薬アダラートCRの新たな可能性
Meet the Expert

高血圧、狭心症に対するアダラートCRの新たな可能性についてエキスパートの先生方にご解説いただいております。

  • 追加バナー1
  • 高血圧治療ガイドライン2014 改訂のポイント
  • 薬剤師の先生向け情報サイト
  • 冠攣縮性狭心症 ガイドライン(2013年改訂版)のポイント